2004年12月21日

容疑者の顔写真を放送しないNHKに疑問

fdcd5e35.JPG12月20日午前、東京・墨田区の病院内で59歳のがん患者が同室の患者2人を刺殺する事件が起きた。
事件直後から、テレビ各局はトップニュースで伝え、20日夜のNTV「きょうの出来事」が容疑者の顔写真を放送したのを皮切りに、21日朝の民放各局は容疑者の顔写真を流した=写真はNTV「情報ツウ800」より。
NHKと21日付新聞は容疑者の顔写真を放送したり、掲載しなかった。
一方でNHKは被害者の顔写真を早い段階で放送している。
最近は警察が容疑者のツラ写真をマスコミに配布しなくなったらしい。
民放各社は、容疑者が以前勤務していたタクシー会社から乗務員証の写真を複写したと思われる顔写真を使っていた。
今回の場合、容疑者は明らかに現行犯で逮捕されており犯人である。
事件の重大性から容疑者の顔写真を放送して、逆に悲惨な事件として被害者の写真の放送は控えるべきである。